フルボ酸について

FULL PURE 新サイトオープン
FULL PURE 好評発売中

フルボ酸について

フルボ酸とは?

フルボ酸とは、もともと森林や土壌の中に存在する有機酸の一つで、植物にミネラルを補給する役目を担っています。

人に対してはミネラルなどの微量養分を運び、体内で循環する効果(イオン交換)があります。

私たちが栄養素を摂取することにより、フルボ酸が掴んだミネラルを永続的にイオン交換できることが大きな魅力のひとつです。
このイオン交換の働きで、老化原因のひとつである活性酸素やフリーラジカルの分子構造を分離し、その活動を抑制できます。

また、分子量も小さいため体内吸収や経皮吸収にも優れ皮膚の表面でイオン交換をすることで効率よく酸素を取り込み、生態活動を活発化させます。
つまり、細胞を活性化させる天然のイオン交換物質であり、結果として体内の生体活動を活性化させるのがフルボ酸だといえます。

まだ解明されていない点もありますが、もし、私たち人間が直接フルボ酸を手軽に摂取できるとすれば、生活習慣病をはじめ、有害物質の分解能力による細胞の機能回復や美肌づくり、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の改善、視力回復や育毛、免疫力アップなど、フルボ酸の未知なる可能性に大きな期待が寄せられています。

フルボ酸は有限資源?

 フルボ酸は、自然界では微量にしか生産されない貴重な資源で、通常は腐植土壌に多く存在します。
 腐植土壌とは、森林生態系において地上部の動植物により生産された有機物が堆積し、微生物により分解されて土状になったものです。
 自然界では1cm形成するのに100年の時間を要します。尚、厳密には土ではありません。

フルボ酸の主な特徴

キレート効果
pH緩衝作用

【間違われやすいフルボ酸フミン酸】
フミン酸・フルボ酸は腐植物質(ヒューミン)といわれ、有機物質、特に植物の分解で作り出されます。どちらもキレート力(つかむ力)でミネラルやアミノ酸を運び、過剰なミネラルを排出する働きがあります。

A:フミン酸
アルカリ水溶液に可溶。
色素が濃く黒色のメラニン色素の集まり。

B:フルボ酸
酸性溶液に可溶でとても希少価値が高くフミン酸に比べ効果が高い。

腐植物質(ヒューミン)イメージ
  • [書籍]大自然の生命力 フルボ酸

濃密生成フルボ酸製品


FULL PURE

フルボ酸植物活性剤「みどりの神様」